You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

拡がる生活用のIoT


産業用IoTとは別に、暮らしのモノをインターネットでつなぐIoT時代が始まります。


アマゾン、グーグル、アップルが、独自プロトコルで、生活用IoT市場に参入


技術的には可能でも、ビジネス的に難しかった生活用IoT導入が開始される

課題解決の為には、
さまざまなメーカーによって製造された多様なモノとモノをすばやく安全につなぐ
『相互接続IoTプラットフォーム』が必要です。

BizMobile が実現した 『相互接続IoTプラットフォーム』

BizMobileは、時代が求める相互接続IoTプラットフォームを開発し、MDMエンジンを拡張し、一元管理します。


モノとアプリをつなぐ Thingsドライバ


インターネット上に置く IoTハブ


IoT由来の脅威を解決する 関所


世代管理問題を解決する MDMエンジン

Thingsドライバ作成により、
相互接続可能な生活用IoTサービスの例

Amazon Echo

Google Home

ECHONET Lite

「サイロ化」問題を解決


ベンダーが独自プロトコルで動作するIoTサービスが、「サイロ化」状態になるのは避けられません。 BizMobileは、「サイロ化」を維持したまま、横断的に接続できるIoTプラットフォームを提供いたします。このプラットフォームを活用することで、ユーザーニーズに応えるさまざまな機能を提供することが可能になります。


Amazon Echoから、ECHONET Liteに対応した家電・住宅設備機器を制御できる


Google Homeから、Amazon Echoで操作できるIoT機器を操作できる

お問合せはこちらから