alt

NEWS


BizMobile Go! は、iOS 11.3でお使い頂けます

2018-04-17
お知らせ



2018/3/30にリリースされました iOS 11.3 にてBizMobileデバイス管理をご利用いただけることを確認致しました。

まず、下記の基本機能に関しては問題なくお使い頂けることを確認致しました。

・デバイス登録/登録解除/ロック/ワイプ/パスコードクリア
・プロファイルインストール
・管理者ロック
・メッセージ(オプション)
・位置情報(オプション)

次に、下記の機能に関しては、これまでと異なる動作が発生していることを確認しております。

AppStoreアプリのインストール時に、アップデートされる旨のメッセージが表示されることがある
Installapplication命令の使用変更に伴う不具合です。
ポップアップ画面のメッセージは、「"go.bizmo.in"によりAppStoreからApp"****"がアップデートされます」
選択ボタンは、「キャンセル/アップデート」
どちらを選択してもポップアップ画面が閉じられますが、何も実行されません。
実際と異なる表示と操作を求められますが、何も実行されないため実害はありません

インハウスアプリのインストール後のステータスが「管理中」とならない場合がある
Installapplication命令の使用変更に伴う不具合です。インハウスアプリは、毎年更新作業を実施してください
期限切れのインハウスアプリを更新せず、プロビジョニングプロファイルだけを更新する運用をされている場合、
インハウスアプリのインストールのタイミングにより発生する場合があります。

回避策:以下の方法で対応してください
インハウスアプリを毎年更新する(推奨:本来あるべき姿)
更新したプロビジョニングプロファイルを先に配布し、その後にインハウスアプリのインストールを行う(非推奨)

システムAppのインストール時に、インストール完了通知を受け取れない
Installapplication命令の使用変更に伴う不具合です。MDMで、システムAppを配布しないでください
iOS10以降、一部のシステムAppが削除可能になり、削除したシステムAppはAppStoreから再ダウンロード可能です。
そのため、MDMを使ってシステムAppを配布すると、インストールは正常に終了しますが、MDMサーバが完了通知
を受け取れないため、インストール完了かどうかを判断できなくなりました。

回避策:以下の方法で、システムAppの削除を禁止してください
Apple Configurator で、新たに追加された制限の「システムAppの削除を許可」を禁止する(監視対象のみ)
プロファイル作成時、アプリの使用制限、ホーム画面レイアウトを用いて、利用するアイコンを固定する(監視対象のみ)
ホーム画面レイアウトで指定されたアイコンは自動的に削除が禁止されます

もし、システムAppを削除してしまった場合は、MDMで配布せず、AppStoreから手作業でダウンロードしてください。
また端末を初期化すれば、アクティベーション時にシステムAppが自動的に再ダウンロードされます。

OSアップデート時のサーバへのレスポンス内容が変更された
OSアップデート命令の仕様変更です。仕様変更に対応したため、問題は発生しません。

以上






Copyright© BizMobile Inc. All Rights Reserved. BizMobile株式会社
alt